オリンピックのスポンサーってどんな意味があるの? | SPAIA

オリンピックのスポンサーってどんな意味があるの?


olympics 2016

Photo by Kvanta / Shutterstock.com

世界規模のスポーツの祭典といえばオリンピックですね。4年に一度だけ開催される超巨大なスポーツイベントを運営するために必ずつくスポンサーにはどのような意味があるのか調べてみました。オリンピックの試合を楽しみにしている方!その裏側を覗いたらもっと楽しく観戦できるでしょう。

オリンピックのスポンサーになる意味 パート1

最大の意味は宣伝効果です。それもとても強力で全世界に反映される目に見えない知名度アップの貢献です。オリンピックのスポンサーになったから利益が爆発的に上がったのか、という立証をすることは難しいのですが、多くの企業は宣伝効果を得ようとして巨額のスポンサー費用や契約金を払ってIOCや各国組織委員との契約を成立させようとしています。
世界中に自社の名前を発信することで、もともと名の知れた大企業はその強さを誇示し新興国にも存在を知らしめることができるのです。

オリンピックのスポンサーになる意味 パート2

最大の意味として先ほど挙げた宣伝効果と同じように2つ目においても重要です。それは、呼称の使用権とマーク類の使用権です。
「オリンピック」という名称やあの5つの輪のオリンピックのシンボルマークを自由にコマーシャルなどで使えるんですよ。他にもサプライヤーとしての商品の提供を行うことができたりするなど、巨額の費用を払うだけあってオリンピック公式スポンサーという名を声を大にして使用することができます。確かにコマーシャルなどでその企業とオリンピックがコラボしたものを大会が近づくと目にしたりしますよね。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません