ゴルフ初心者、ボールに当たらない原因と当たるようになる練習 | SPAIA

ゴルフ初心者、ボールに当たらない原因と当たるようになる練習


ゴルフ

Photo by Bohbeh/ Shutterstock.com

ゴルフを始めたばかりの方へ。 いくら練習に励んでもボールにクラブが上手く当たらないと悩んではいませんか。 ボールが当たらないのには、原因があります。 ここでは、当たらない原因を考えて、当たるようになる練習方法をご紹介します。

初心者が犯す定番のミス、ヘッドアップ

ゴルフでは、自分の打ったボールがどこに飛んだか気になりますよね。
初心者がついつい犯してしまう悪い癖がヘッドアップです。ヘッドアップは、自分の打ったボールの行方を目で追いたいがため、顔を上げてしまうことで起こります。目や顔だけならいいのですが、それにつれて上体も伸びあがってしまうため、クラブの軌道が上側にブレてしまいます。結果的にボールの頭を打ってしまい、トップボールになってしまうのです。
これを治す方法は、ボールがどこに飛んだか気にしないこと。ボールを打った後もボールの置いてあった辺りを見るようにしてください。

ボールを見過ぎるのも、ミスの原因

ヘッドアップを意識してボールばかりを見ているのも、ボールが当たらない原因になります。一点に集中し過ぎると、ついつい体に力が入り、スムーズなスイングができなくなります。その結果、スイングプレーンが一定しなくなり、トップ、ダフリ、ひっかけボールなど、バラバラなボールが出てしまいます。
これを治す方法は、ボールを見ないことです。ではどこを見るかといえば、ボールの辺りを見るのです。目の中にボールは見えているけど、ボールは見ていない状態でスイングしてください。スイングの途中にボールがあるという感覚です。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません