長洲未来の功績について | SPAIA

長洲未来の功績について


長洲未来

Photo by Aija Lehtonen / Shutterstock.com

フィギュアスケートのファンの方へ。日本人でもあり、アメリカ人でもある長洲未来のことを知りたいと思うあなたに生い立ちや功績をご紹介します。

長洲未来の生い立ち

長洲 未来は1993年に、寿司店をロサンゼルスで営む日本人両親のもとに生まれます。もともとはスケートではなく、両親とゴルフを習っていました。しかし、5歳の時に悪天候の日にゴルフの代わりに近所のスケートリンクに遊びに⾏ったことがきっかけでスケートをすることになります。アメリカで⽣まれ育っているので、日本国籍とアメリカ国籍を持っていました。
日本スケート連盟からの移籍を打診されたりしましたが、アメリカの選⼿としてスケートを続けています。⾃らのことを「日本が大好きなアメリカ人」と表現していて、「2つの国の⼈から応援してもらえる境遇にある私はすごくラッキーだ」とも⾔っています。

長洲未来のジュニアの成績

2002-2003年のシーズンから全米選手権予選に出場しはじめましたが、2006-2007シーズンで、全米選手権本選に初めて出場をして、ジュニアクラスで優勝をします。初めて出場した国際大会の世界ジュニア選手権では、2位となり次第に頭角を現します。翌年のシーズンはISUジュニアグランプリに参戦をして、1戦目レイクプラシッドで初優勝、2戦目のクロアチア杯でも優勝をして、初出場のファイナルでも優勝しました。
さらに全米選手権のシニアクラスで優勝をして、全米ジュニア・シニアタイトルを連続で獲得するのは、70年ぶりの快挙となりました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません