【NBAチャンピオン】クリーブランド・キャバリアーズのBEST5 | SPAIA

【NBAチャンピオン】クリーブランド・キャバリアーズのBEST5


キャバリアーズ

バスケットボールの本場アメリカの最高峰の戦い、NBAファイナル2016。
今年も世界中の誰もが注目する戦いでした。昨シーズンチャンピオンであるゴールデンステイト・ウォリアーズを破り、初タイトルを獲得したクリーブランド・キャバリアーズの選手たち5人に注目します。

【#23】レブロン・ジェームズ

あらゆるプレーが高水準、「ポイント・フォワード」とも呼ばれ5つのポジションすべてをこなすオールラウンダー。
マイアミ・ヒートからキャバリアーズに帰還して2年目のシーズン、レブロン個人としては、6シーズン連続のNBAファイナル出場。もちろん、チームとして優勝に手が届かなかったシーズンがあったにせよ、とても立派な記録です。
今回のファイナルでは、ウォリアーズに王手をかけられてから2連勝、しかもその2試合連続で40得点超えという記録を樹立。2000年のシャック・オニール以来のもので、まさに「キング」の異名にふさわしい、誰にも止められない鬼気迫るプレーぶりを見せつけました。
ジョーダンの再来と言われた彼も31歳。地元でのチャンピオン獲得を夢見てマイアミ・ヒートから帰還して2年目で、クリーブランド・キャバリアーズに初タイトルをもたらした最強の男です。

【#5】JRスミス

トレードで今年1月にキャバリアーズに加入したJRスミス。過去にシックスマン賞を受賞したこともある実力者です。
ニューヨークニックスに所属していた時は、夜遊びが原因で不調に陥るなど不遇の時を過ごしたこともあります。しかし、この移籍を機に彼は大きく生まれ変わりました。
水を得た魚のようにシュートを打ちまくり、チームの成績もV字回復。カンファレンスファイナルでは、球団記録となる3ポイントシュートを8本沈めてみせたのです。 ウォリアーズとのファイナルでは、得点こそ目立たないものの、レブロン・ジェームズの「女房役」としてパスを供給しながら、要所要所で3ポイントシュートを決めてくる「シブい」プレーを連発しました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません