【バスケ】船橋市立船橋のインターハイ2017を大予想! | SPAIA

【バスケ】船橋市立船橋のインターハイ2017を大予想!


バスケットボール

Photo by KP Photograph / Shutterstock.com

千葉県のインターハイ出場常連校で有名な、船橋市立船橋。船橋市立船橋の実力は、どれほどのものなのでしょうか?今回は「船橋市立船橋バスケ部の強さ」をご紹介して、「インターハイ2017でどこまで勝ち進むのか?」を大予想します。

【船橋市立船橋】チームいちふなの魅力

船橋市立船橋は、千葉県船橋市市場にある高校です。ここの学校では、職員・生徒・保護者・地域・部活が一丸となって「チームいちふな」を作り上げています。船橋市立船橋のバスケ部も「チームいちふな」の精神でチームプレーを大切にしています。
また、バスケ部のモットーとして「全国大会出場そして上位入賞」「努力を積み重ねることで人間形成をしていくこと」を掲げているのが特徴です。男女とも実力があり、特に男子バスケ部がインターハイ常連校として知られています。

男子バスケ部のウインターカップ実績

インターハイ常連校である船橋市立船橋の男子バスケ部は、2016年時点で16回もウインターカップに出場しています。また、2016年にウインターカップの千葉県代表に選ばれたことで、3年連続インターハイ出場を果たしました。
1998年のウインターカップでは船橋市立船橋が準優勝に選ばれ、他の年でもベスト4に5回も入賞しています。ベスト4の内訳は、1987年・1988年・2005年・2014年に3位入賞、2010年に4位入賞です。

船橋市立船橋の女子バスケ部も、インターハイ出場目前

男子バスケ部のインターハイ出場が注目を浴びていますが、女子バスケ部も優秀な成績を収めています。「全国高等学校選抜優勝大会千葉県予選会」では、2013年で2位、2014年で3位に入賞しました。インターハイ出場まであと一歩のところであり、インターハイ2017の出場にも期待が高まっています。
女子バスケ部は「国民体育大会」や「関東高等学校選手権大会」にも積極的に出場しており、いずれも上位の成績を収めています。

近年の船橋市立船橋の実力

船橋市立船橋の男子バスケ部は、2014・2015・2016年と3連続ウインターカップに出場しています。2014年では全国3位に選ばれ、「船橋市立船橋」の名を全国に轟かせました。2015年は惜しくも2回戦敗退でしたが、2016年では準々決勝まで進んでベスト8入りしました。3連続ウインターカップに出場しているため、インターハイ2017でも活躍するのが予想できます。
女子バスケ部も予選会で2013年で2位、2014年で3位に選ばれたことがあり、男女ともにインターハイ2017に出場する可能性があります。

【大予想】リバウンド対策で、ベスト4入りを目指す

2016年のウインターカップ3回戦目では、三重県の県立四日市工業に83対63で勝利しました。この試合の船橋市立船橋男子バスケ部は、「走るバスケット」を活かすことができました。
しかし準々決勝では、福岡県の福岡第一に62対79で敗北。敗因として挙げられるのが、福岡第一の「リバウンドからの速攻」を止められなかったからです。船橋市立船橋の弱点を克服することで、インターハイ2017では全国ベスト4入りを狙えるでしょう。

まとめ

船橋市立船橋は、千葉県のインターハイ出場常連校であり、全国上位レベルの実力です。男子バスケ部は弱点克服、女子バスケ部は千葉県予選会トップ通過できれば、インターハイ2017でも上位入賞するのが予想されます。船橋市立船橋の今後の活躍に期待しましょう。

おすすめの記事

関連記事

試合経過・結果

4/26 23:30更新

セ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

パ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

人気記事ランキング