プロバスケットボールリーグ・NBAプレーヤー、田臥勇太選手の功績 | SPAIA

プロバスケットボールリーグ・NBAプレーヤー、田臥勇太選手の功績


バスケ NBA

出典 http://sports.yahoo.co.jp/

"田臥勇太"(たぶせゆうた)選手は日本のバスケットボール界史上で日本人初、NBAでプレーを果たすという功績を残したプロバスケットボール選手です。バスケ選手としては小柄である田臥選手が世界最高峰の舞台NBAへ挑んだ、それまでの彼の生い立ち、軌跡をご紹介します。

"田臥勇太"とはどんな人物?

田臥勇太(たぶせ ゆうた)は、母親の影響で小学校2年生よりバスケットボールを始め、地元横浜市でコツコツと実力をつけていきました。小学校3年生のときには掛け持ちでソフトボールも始め、その能力はシニアリーグからの誘いもあるほどだったとか…。この運動神経の良さは、まさにアスリートになるために生まれてきたといっても過言ではないかもしれません。その後高校時代にはバスケットボールの名門校に入学し、すぐにスタメンとして活躍します。

田臥勇太選手がプロ入りまでに残した成績

田臥選手の出身高校は、秋田県立能代工業高等学校。この高校はバスケットボールの名門校でした。入学後頭角を表してスタメンとして活躍し、高校総体・国体・全国高校選抜の3大タイトルを3年連続で制するという、史上初の「9冠」も達成します。高校時代には全米ジュニア選抜と世界ジュニア選抜に日本人として初選出された経歴ももっています。
高校卒業後は大学へ進学。国内進学ではなく、ブリガムヤング大学ハワイ校への留学の道を選びました。初めて選手登録された際には「日本のジョーダン」と紹介され、試合の功績からMVPに選ばれたこともあります。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません