日本では今後どうなる?バスケットボールの歴史を紐解く | SPAIA

日本では今後どうなる?バスケットボールの歴史を紐解く


バスケットボール

Photo by Pushish Images/Shutterstock

バスケットボールは、日本においても多くの人に支持されている人気スポーツの1つですが、一体どのようにして普及、発展してきたのでしょうか。 本稿では、バスケットボールの歴史について説明していきたいと思います。

原型の考案者はカナダ出身

バスケットボールはアメリカにおける国技のイメージが強いため、意外に思う人もいるかもしれませんが、実はバスケットボールを考案したのは、カナダ出身のYMCA体育部教官であるジェームズ・ネイスミスでした。
彼が屋内ゲームのプログラムにおける有用なスポーツとして1891年に考案し、採用されたのがバスケットボールの始まり。サッカーやラクロスといった、すでにルールを含めて存在していたスポーツの要素を混ぜ合わせながら作られたのでした。

当時は何人で試合してもOK

現在のバスケットボールといえば、各チームごとに5人までがコートに立ってプレーするものになっていますが、YMCAの最初の試合におけるチームのプレー人数は9人でした。
つまり合計18人と非常に多かったのですが、当時は基本的に何人でも同時にプレーしてOKで、それからルールの細かい調整が行われました。 バスケットゴールに関しても普通のかごを使ったり、ボールもサッカーボールだったりと道具に関してもまだまだ途上という状況だったのです。

NBAの誕生がアメリカ国技への道に

開始当時は手探りの面が多かったバスケットボール。 しかし、その人気は高く、YMCAを飛び越えて様々な大学にまで流行することになり、1946年アメリカでついにプロバスケットボールリーグであるNBAが誕生しました。
NBAは今日に至るまで選手のレベルや収益、人気では他の追随を許さない規模になってきており、バスケットボールのアメリカにおける存在感を示すものとなっています。 人気と実力を兼ね備えたバスケットボールがアメリカの国技になるのは当然だったのです。

日本にバスケを伝えたのはYMCAの卒業生

日本におけるバスケットの普及には諸説がありますが、1908年にYMCAの卒業生でありバスケットボールに精通している大森兵蔵氏が紹介したのが最初だとする説が有力とされています。
その後はアメリカ同様に大学を中心に普及していくことになり、1930年には日本バスケットボール協会が誕生して、バスケットボールの普及と日本全体のレベルの向上を目指していくことになりました。 YMCAの卒業生がいたからこそ、日本におけるバスケットボールの歴史もしっかりと存在しているのです。

大きな壁に立ち向かう現在

2005年にプロリーグであるbjリーグ発足した日本のバスケットボール界ですが、全体の足並みが揃わなかったこともありアジアでも苦戦するレベルに低迷してしまいます。
もっとも最高峰のアメリカと比較するとどこの国も大幅に置いて行かれているため、抜本的な改革が必要というのが現在の課題です。 日本においては今年分裂したプロリーグが一つになるという大きな歴史が刻まれましたので、それが改革の第一歩になってほしいところですね。

まとめ

田臥勇太選手以来の日本人NBA選手の誕生というのが、日本バスケットボール界の今後大きな悲願となってくるでしょう。 未だに大きすぎる世界である、バスケットボールの頂点NBAにも日本の歴史が大きく刻み込まれてほしいですね。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

人気記事ランキング