【NBA】偉大なる2015-16シーズンのプレイバック名場面集 | SPAIA

【NBA】偉大なる2015-16シーズンのプレイバック名場面集


出典 http://www.nba.co.jp

バスケットボールの世界最強リーグNBA。世界中を熱狂と感動に包んできた歴史の中で、2015-16はそれらに恥じない素晴らしいシーズンとなりました。 この記事では偉大な選手達による昨シーズンの名場面をご紹介、その興奮を振り返ります。

2016ファイナル、レブロン・ジェームズがチームを頂点に導いた名プレー

2016ファイナル、「KING」ことレブロン・ジェームズ選手が見せたプレーは名場面にふさわしいものです。
18歳でクリーブランド・キャバリアーズに入団してから数々の記録を打ち立ててきたKINGは、これまでにシーズンMVPを4回、ファイナルMVPを3回受賞しています。
キャブスに念願のNBA初制覇をもたらした2016ファイナル、前年度王者ゴールデンステイト・ウォリアーズに1勝3敗と追い込まれてからの歴史に残る逆転劇、その中心にはいつもKINGがいました。最終の第7戦でレブロン選手は27得点、11リバウンド、11アシストのトリプルダブルを達成。これはNBAファイナル史上3人目の記録です。
試合残り時間1分50秒、イグダーラ選手のレイアップを背後から飛び込んでブロックしたシーンは、NBAファイナル史上に残る名場面でしょう。

偉大なるレジェンド、コービー・ブライアントが魅せた神の領域

プレイヤーとしての20年をロサンゼルス・レイカーズ一筋で過ごした稀代のスーパースター、コービー・ブライアント選手。ファンを魅了するファンタスティックなプレーで珠玉の名場面を生み出してきましたが、晩年は度重なる故障に見舞われていました。その彼の現役最後となる試合が2016年4月13日、ユタ・ジャズとのシーズン最終戦です。
このゲームで巧みなプレーを披露していたコービー選手は、第4クウォーター10点ビハインドの状況で一気にトップギアへ。残り時間2分30秒から、1人で1本のミスもなく13連続得点を挙げ、チームを劇的な逆転勝利へと導きました。
神の領域ともいえる活躍で、引退試合をキャリア6度目となる60得点で飾ったヒーロー。32歳の時、60得点を挙げるという偉業は48年間、誰にも破られていませんでした。しかし37歳で60得点という記録はその過去の記録を大幅に更新する、NBA史上最年長記録です。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません