Bリーグ・新潟アルビレックスBBの注目選手をピックアップ | SPAIA

Bリーグ・新潟アルビレックスBBの注目選手をピックアップ


出典 http://basket-count.com

バスケットボールチームの新潟アルビレックスBBは、地元新潟に根差した運営を行っており、多くの人に愛されて今日に至ります。 この記事では、そんな新潟アルビレックスBBの注目選手をピックアップして紹介していきます。

新潟アルビレックスBBとは

アルビレックスと聞くと、Jリーグのチームを思い浮かべる人も多いと思われますが、新潟にはアルビレックスの名を冠するさまざまなスポーツチームが存在しており、新潟アルビレックスBBもそのひとつに当たります。 ホームユニフォームのオレンジ、青、白の三色は、それぞれ夕日、日本海と信濃川、白鳥を表していて、他のアルビレックスにも用いられている非常に重要なカラーです。
統合前のbjリーグでレギュラーシーズン1位になった実績に加えて、新潟において多くのチームイベントを催しているサービス精神から、地元では圧倒的な人気を誇っています。

7番 五十嵐圭(いがらしけい)選手 PG

「ケイ」の愛称で知られる五十嵐圭選手は、長きにわたってプロバスケットボールを引っ張ってきた超人気選手です。 2003年にNBLの日立サンロッカーズに入団して以来、トップレベルのスピードを武器に多くのチームで攻守の要となり、オールスターにも出場するなどの実績を残しました。
今季移籍してきたアルビレックスは地元のチームであり、五十嵐選手自身も再起を目指すシーズンであるため、非常に期待がかかります。 36歳になった現在も、五十嵐選手の武器であるスピードは健在であり、今季はオールラウンダーとしての働きとチームのお手本となる役割が望まれるでしょう。

23番 佐藤公威(さとうきみたけ)選手 SG

佐藤公威選手は、大学時代から多くの得点とリバウンドを挙げるオールラウンダーとして頭角を現すことになり、大きな期待を受けて2005年に地元のアルビレックスに入団しました。
入団後は起用法が流動的な面もありましたが、2008年にリーグ初のFA移籍選手として大分ヒートデビルズに移籍すると、初のオールスター出場を果たすなど一躍スターの仲間入りを果たしたのです。 そして2011年には、FAで再び地元にカムバック。統合されたBリーグでは、アルビレックスを長きにわたって知るキャプテンとして、精神的支柱という役割も担っていくことでしょう。

0番 遥天翼(ようてんよく)選手 SF

遥天翼選手は中国出身ですが、4歳のときに福岡県に移住することになり、バスケットボールを始めます。 名門の東海大学に進学した後は、日本国籍を取得してU-22メンバーに選出されるなど、しっかりと実績を積んでいきました。
プロバスケットボールのキャリアは、NBLの三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋で始めましたが、その後、熊本ヴォルターズを経てアルビレックスに入団しています。 「テンテン」という愛称で知られる遥天翼選手は、194cmという2m近い長身を活かしたダイナミックなプレーを行うフォワードとして、チームの得点を稼ぐ役割を期待されています。

まとめ

地元を愛する姿勢を前面に出してくれているため、新潟の人にとってこれほど応援のやり甲斐のあるチームはありません。 興味を持ったなら、アルビレックスBB、そしてその他の共同チームをチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

関連記事

試合経過・結果

5/28 18:12更新
  • 本日開催される試合はありません

人気記事ランキング