セ・リーグ独自のルールを知って観戦を楽しむポイント | SPAIA

セ・リーグ独自のルールを知って観戦を楽しむポイント


ナイター 球場

セ・リーグの野球観戦が好きだけど、セ・リーグ独自のルールなどについてはよくわからないという方へ。
セ・リーグの野球観戦はもっと楽しみたいですよね。 セ・リーグ独自のルールを知れば更に観戦が楽しめるようになりますので、わかりやすく説明していきます。

セ・リーグ独自のルール:クライマックスシリーズでは予告先発不要

パ・リーグでは先発投手を決定したなら全試合予告しなければなりませんが、セ・リーグではクライマックスシリーズに限り、先発投手を予告することなく登板させて良いというルールがあります。
そのため、クライマックスシリーズ時には先発投手は誰が登板するかを予測しながら観戦するという楽しみを味わうことができます。
例えば先発投手はA、B、Cの3人がいた場合、Aはが昨日先発したので順番ではBだがBは対戦相手のチームにめっぽう弱いので相性が良いCを先発させる可能性があるが、Cを使うとローテーションが崩れるのでやっぱり温存させて・・・などなど、監督になった気分で先発投手の予測をしながらクライマックスシリーズを楽しむようにすると、特に先発予測が当たった場合の試合観戦は格別なものになります。

セ・リーグ独自のルール:ダブルヘッダーの試合に開始時間制限がある

ダブルヘッダーについてもセ・リーグには独自のルールがあります。
ダブルヘッダーの第1試合は午後3時までに開始すること、また第2試合についてはもし午後8時までの開始が実現しない場合は中止されるというルールです。
このルールが最も影響する可能性があるのが、屋外球場で試合が行われる場合の天候不順時です。
「試合中止」は観戦する側には残念な話に思えますが、天候不順で試合が開始または継続できるかわからないという場合でも制限時間がありますので、長時間待たされた挙句結局試合が中止になったという事態は回避しやすいと言えます。
そのためダブルヘッダーを屋外球場で観戦する場合には、ぜひ頭に入れておいて欲しいルールです。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません