メジャーリーグで優勝するチームの傾向 | SPAIA

メジャーリーグで優勝するチームの傾向


Photo by Photo Works/Shutterstock.com

メジャーリーグファンの方へ。
今回は優勝するチームにはどのような傾向があるのかにスポットをあて、過去の優勝チームを振り返って紹介します。

メジャーリーグで優勝するには

メジャーリーグには、ナショナルリーグとアメリカンリーグの2リーグがあります。
それぞれ30チームあり、これらの球団で各チームごと162試合が行われ、レギュラーシーズンで地区優勝チームが決まります。
その後のポストシーズンでトーナメント形式でのディビジョンシリーズを勝ち上がり、リーグチャンピオンシップで優勝すると、ワールドシリーズに出場できる事となります。ここでは2チームが選出されます。これを制したチームがワールドチャンピオンになるのです。

メジャーリーグの日程は過密スケジュール

メジャーリーグの球場はドーム球場が減っており、天候に左右されやすく、雨天中止が多くみられています。そのために、20連戦や30連戦といった過密スケジュールとなってしまう事が多々あります。
その上広大なアメリカの本土を移動しながらの試合となるので、各球団は専用機を持っているほどです。1シーズンの総移動距離は地球1.8周と言われており、主軸選手でも先発から外し疲労回復を図ったり、過酷な日程の中で試合が行われている事がわかります。

過去の優勝チームを振り返って

ここで、メジャーリーグのワールドチャンピオンを獲得したチームを5年間振り返ってみると、2011年からセントルイス・カージナルス、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ボストン・レッドソックス、サンフランシスコ・ジャイアンツ、そして去年カンザスシティ・ロイヤルズとなっています。
強豪揃いのチームばかりですが、去年優勝したカンザスシティ・ロイヤルズは30年ぶりのチャンピオン獲得に至っており、選手の補強等の重要性もうかがえます。

まとめ

世界の頂点となるワールドチャンピオンになるには選手が、そしてチームが優れている事が第一の条件となっています。
どれだけ優秀な選手を補強し、チームとして機能できるのかが今後も大きな分岐点となりそうですね。

以上「メジャーリーグで優勝するチームの傾向」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません