サンフランシスコ・ジャイアンツの優勝パレードと祝賀会の歴史 | SPAIA

サンフランシスコ・ジャイアンツの優勝パレードと祝賀会の歴史


サンフランシスコ・ジャイアンツの歴史

サンフランシスコ・ジャイアンツはMLBナショナルリーグの西地区所属のチームです。本拠地はカリフォルニア州サンフランシスコのAT&Tパークです。
ジャイアンツは名門球団として知られ、リーグ優勝は23回、ワールドシリーズ進出は20回と、ナショナルリーグでは最多の記録を持っています。同地区の強豪ドジャースとは因縁の宿敵であり、常に優勝争いを繰り広げています。
熱狂的なファンも多く、ドジャース戦では常に満員御礼状態です。ジャイアンツには日本人初となるメジャリーガーの村上雅則が在籍していました。2002年には新庄が在籍し、日本人初となるワールドシリーズ出場を果たすなど、ジャイアンツの歴史は深いものがあります。

サンフランシスコ・ジャイアンツ、1955年までに5度の世界一に!

1958年にサンフランシスコ・ジャイアンツはニューヨークからサンフランシスコに移転しました。それまでの記録として、ワールドシリーズを5度制覇し、リーグ優勝も21回とリーグ最多記録を持っていました。
しかし、そんなジャイアンツにも低迷した時代があり、1940年からの約10年間はリーグ優勝することもなかったのです。ようやく1951年に戦後初のリーグ優勝を飾ったものの、ワールドシリーズではヤンキースに敗れ制覇することはできませんでした。
それから1962年、1971年とリーグ優勝しましたが、それからというもの低迷を再度迎えてしまうことになるのです。

バリーボンズ、新庄を獲得したサンフランシスコ・ジャイアンツの復活!

1982年にバリーボンズをドラフト指名しましたが、契約金で折り合いがつかなかったジャイアンツは獲得には至りませんでした。それからピッツバーグ・パイレーツに所属していたバリーボンズがFAになっていたことで1993年に獲得。ボンズはシーズン初の40本塁打を記録するなど、ジャイアンツの期待に応えましたが、ワールドシリーズ進出には至りません。
しかし、2001年に新庄を獲得してからボンズと新庄は好関係を築き、両選手とも大いに活躍をし、翌年の2002年には久々のリーグ優勝を果たします。この時、新庄は日本人初となるワールドシリーズ出場選手となったのです。

好調期のサンフランシスコ・ジャイアンツ

2007年にボンズがジャイアンツを退団し、2008年から再スタートをきったジャイアンツは若手を多く起用。
すぐに好成績を収める事はできませんでしたが、2010年には新人賞を獲得した、バスター・ポージーやマディソン・バンガーナー等の活躍もあり、8年ぶりにリーグ優勝を果たすと、サンフランシスコ移籍後、初となるワールドシリーズ制覇も成し遂げました。
それから2014年までに3度のワールドシリーズを制覇するなど輝かしい記録を獲得するまでに力を取り戻したのです。

サンフランシスコを埋め尽くすほどの優勝パレード

2010年、2012年、2014年と5年間で3度もの優勝パレードを開いたジャイアンツですが、そのパレードではサンフランシスコを埋め尽くすほどの人で溢れかえっていたといいます。
パレードはフェリービルを出発してからマーケットストリートを経由して市庁舎前で祝賀セレモニーが開かれるというもの。この日ばかりは交通機関もマヒしてしまうほどの人で、ちょっと移動するのも困難な状態になります。中にはお祭り騒ぎに便乗して暴徒化してしまうファンも。
もし、パレードを一目みようと観光に行くのであれば十分に気をつけて行く事をオススメします。

まとめ

サンフランシスコ・ジャイアンツの歴史を振り返り紹介しました。
大リーグ屈指の名門でもあるジャイアンツは、これからも大きな力をつけワールドシリーズ進出に躍起することを期待できます。

以上「サンフランシスコ・ジャイアンツの優勝パレードと祝賀会の歴史」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

人気記事ランキング