もし、野球日本代表が優勝したら | SPAIA

もし、野球日本代表が優勝したら


野球日本代表 WBC 優勝

Photo by Alan C. Heison/Shutterstock.com

実は夏季オリンピックやWBCで、優勝経験がある野球日本代表「侍ジャパン」ですが、世界が相手となると、さまざまな理由から毎回安定して優勝を勝ち取ることは難しいようです。日本代表が世界の大会で優勝するには何が必要なのか、考えてみたいと思います。

もし野球日本代表に、プロ野球選手が多いと優勝できる?

1984年のロサンゼルスオリンピックで、金メダルを取った時の日本のチームは、オールアマチュア選手で編成されていました。その後、国際野球連盟が1992年に国際大会へのプロ野球選手の参加を認めて以来、オールプロ選手で編成するもメダルを逃した年もありました。
また、WBCでは2006年の第1回以降2回連続で優勝したものの、3回目では3位となり、いずれもプロ選手が加われば必ずしも優勝できるわけではありませんでした。これには様々な理由が憶測されていて、大会の開催される時期に、プロの選手はシーズンに向けて調整中であったり、逆にシーズン中でベストの体調ではなかったり、また国によって状況やその大会にかけるモチベーションが違うことなどが挙げられています。

もし野球日本代表が、優勝してもコスパが悪い?

皆さんの記憶にも新しいところですが、2008年にオリンピックの正式競技から野球は外れてしまいました。優勝を目指して練習を続けて来た日本の代表選手達には本当に悔しい事でした。
また、WBCにおいても参加に積極的ではない国も多いと言います。では、何故そのような事態が起こるのか、それは単に野球の試合はコスパが悪いという理由らしいです。人数も多く、試合時間も長い割には集客率が悪くて、オリンピックにおいては空席も目立ち、頑張っている選手達とは反比例して、観客にとってはスター選手が多いわけでもなく退屈と言ったところでしょうか?
しかし、そう言った問題を改善すべく野球日本代表はプロ、アマチュア連携して本当に強い「侍ジャパン」を作り上げる努力をしています。そうした思いが通じ、2020年の東京オリンピックでは野球が正式競技として復活することとなりました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません