野球で背番号4番を背負う意味とは? | SPAIA

野球で背番号4番を背負う意味とは?


スポーツ 観戦

野球のファンの皆さんへ。
野球において背番号は重要な意味を持っていますが、その意味と役割を知りたいですよね?
そこで、今回は野球における背番号4の意味についてご紹介します。

アマチュア野球における背番号4

高校野球をはじめとするアマチュア野球において、1ケタ台の背番号の選手は、試合におけるレギュラーメンバーを指します。そのチームの主力であり、欠かすことができない選手が1ケタ台の背番号を背負うこととなります。 その中でも、背番号4番というのは、ポジションでいうとセカンド(2塁手)の選手が背負う背番号となります。
セカンドというのは、ある意味では、内野の守備のかなめといってもよいでしょう。ある程度自由に動くことができ、時にピッチャーやファーストを援護するといったような万能型のポジションです。

背番号4の守備の役割とは

前章でご紹介してきたように、4番というのはセカンドの選手が背負う背番号であり、セカンドは様々なポジションをカバーするポジションです。セカンドが自由にカバーしてくれるからこそ、ピッチャーを含む周囲のポジションの選手は、安心して自身の守備に力を入れることができます。
そうすることで、相手選手としても、そのセカンドの動きが気になって、下手に動くことができないと意識づけさせることができます。このようにセカンドというのは非常に重要なポジションであるということが分かります。

背番号4番の打者としての役割

背番号4番の打者としての役割というのは、一般常識的なものを含みますので、すべての選手に当てはまるわけではありませんが、比較的小柄な選手がつけやすいポジションです。
小柄のほうが有利であるというわけではなく、小柄であるがゆえに小回りを利かすことができて、俊敏に行動できる機会が多いです。そういったことから、打者としては1番や2番の確実に出塁してほしい打順に配置することが多いです。確実に塁へと出塁して、盗塁を成功させる、背番号4番の選手というのは少なくありません。

プロにおける背番号4とは

それでは、プロ野球界における背番号4番というのはどのような選手がいたのでしょうか?
プロ野球においても、セカンドの選手が背番号4という数字を背負うことは多いです。川藤選手や、高須選手などのイメージからするといぶし銀であり、確実に仕事をしてくれるというイメージが強くあります。
アマチュア野球とプロ野球では、背番号の役割が全然違うという番号も少なくない中で、しっかりと継承されて仕事をしてくれる小回りの利くセカンドというイメージが確立している背番号というのは珍しくないのかもしれません。

まとめ

さて、今回は野球における背番号4についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
アマチュアかつプロでも多いのが、セカンドでの起用であります。いぶし銀のイメージにふさわしい、特別目立つというわけではないけれども確実に仕事をこなす選手が多いです。

以上「野球で背番号4番を背負う意味とは?」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

6/26 23:01更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

パ・リーグ

6/26 23:01更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

交流戦

6/26 23:01更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

人気記事ランキング