国際陸上競技連盟公認の陸上競技種目 | SPAIA

国際陸上競技連盟公認の陸上競技種目


陸上

Photo by Suzanne Tucker / Shutterstock.com

走る、投げる、跳ぶといった人間の基本的な運動能力を競う陸上競技はオリンピックでの花形です。その陸上競技を世界的に統括しているのは国際陸上競技連盟です。国際陸上競技連盟によると、陸上競技はどのような種目があるのでしょうか?まとめてみました。

トラック競走

トラック競走は、文字通りトラックを使って、足の速さを競います。
短距離走に分類される100メートル、200メートル、400メートル。走力だけでなく、ハードルを跳ぶ技術力も求められるハードル競技には、女子の100メートルハードル、男子の110メートルハードル、400メートルハードルがあります。
中距離に分類される800メートル、1000メートル、1500メートル、1マイル、2000メートル、3000メートル、3000メートル障害。
長距離に分類される5000メートル、10000メートル、20000メートル、1時間走、25000メートル、30000メートル。
また、リレーの4×100メートルリレー、4×200メートルリレー、4×400メートルリレー、4×800メートルリレー、4×1500メートルリレーがあります。距離によって、瞬発力と持久力の求められ方が違います。人類はどこまで速く走れるのか、限界に挑戦する醍醐味があります。

道路競走

道路競走は10キロメートル、15キロメートル、20キロメートル、ハーフマラソン、25キロメートル、30キロメートル、フルマラソン、100km、ロードリレー(42.195km)があります。競走競技がトラックで行なわれるのに対して、道路競走はその名が示す通り、一敗の道路を使って競技が行なわれます。オリンピックには、フルマラソンが正式な種目になっています。道路競走は、一般の公道を使って行なうため、コースが示唆に富み、応援する観客との距離も近くなります。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません