有名選手を輩出した、全国高校駅伝で実績のある強豪校をご紹介 | SPAIA

有名選手を輩出した、全国高校駅伝で実績のある強豪校をご紹介


マラソン 街

Photo by Denis Rozhnovsky/ Shutterstock.com

高校生のための駅伝大会として毎年12月に開催される全国高校駅伝。今回はそんな全国高校駅伝で実績があり有名選手を輩出した強豪校をピックアップして紹介します。

広島県立世羅高等学校

世羅(せら)高校は、広島県の世羅郡世羅町に位置する県立の高校です。進学校としても知られる学校ですが、陸上競技部は駅伝の強豪として全国に名前を轟かせています。上が黄緑、下が赤というユニフォームカラーはおなじみです。
全国高校駅伝では2015年までの成績で、全国最多の優勝9回を誇ります。国際教育も盛んなためケニア人留学生も受け入れ、駅伝チームの強化につなげています。
卒業生には、明治大学時代に箱根駅伝で活躍して現在は旭化成に所属、2015年の世界選手権10000m日本代表にも選出された鎧坂哲哉選手がいます。

兵庫県立西脇工業高等学校

西脇工業は兵庫県西脇市にある県立の工業高校です。駅伝の強豪校として有名で、全国高校駅伝では2015年までの成績で優勝8回、世羅高校に次ぐ2番目の記録をもっています。
特に1990年代は黄金期で、10年間の間に全国優勝を6回も獲得しています。同じ兵庫県の強豪校で全国優勝6回を誇る報徳学園とは長年ライバルとして競ってきましたが、2000年代に入ってからは西脇工業が兵庫県の代表になることが多くなっています。
卒業生にはホンダに所属し、世界陸上のマラソン日本代表に3回選出された藤原正和さんがいます。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません