箱根駅伝に名を残した3人の「山の神」 | SPAIA

箱根駅伝に名を残した3人の「山の神」


駅伝

Photo by Albina Glisic/ Shutterstock.com

箱根駅伝ファンの方へ。
チーム成績に一番の影響を与えるといわれる5区山登り。この難所を得意とし、山の神と呼ばれる選手たちがいます。
今回は歴代の山の神と評された選手たちを紹介していきます。

どんな選手が歴代”山の神”になるの?

箱根駅伝といえばまず思いつくのがその激しい高低差です。特に第5区は小田原中継所から往路ゴールとなっている芦ノ湖まで概ね23キロの距離があります。更に、この行程の中だけで標高差が約860mもあるのです。第5区の選手は小田原中継所からゴールの芦ノ湖までまさに永遠と続くような容赦ない坂道を駆け上がるようにして走ります。
その駆け上がる勢いの強さから、第5区のなかでも特に優秀な成績を修め、かつ応援していた人々の記憶に強く印象を与えた選手だけがそう讃えられることを許されます。箱根駅伝は90回以上の歴史を誇りますが、その中で3人しか山の神の称号を得た選手は存在しません。

順天堂大学の今井正人選手

順天堂大学の今井正人選手は大学在籍中の2004年から2007年まで毎年箱根駅伝に出場した経験を持ち、2年生の時から、第5区を担当し史上最多の他選手11人抜きを達成したことにより区間新記録を残しています。
3年生の時には往路優勝、最終4年生時には順天堂大学を総合優勝させています。3年連続で第5区間賞に輝いたことから初代「山の神」として名を残しました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません